オーナーの意向に合わせられる千房のフランチャイズ

柔軟な対応が人気の千房フランチャイズ

フランチャイズにもさまざまな業態があり、業種によっては仕入れから販売、経営方針に至るまでのすべてがマニュアル化され、それに従わなければならないというフランチャイズ契約もあります。

お好み焼きチェーンである千房のフランチャイズの大きな魅力は、フランチャイズオーナーの意向を極力取り込むという柔軟な対応です。

千房のフランチャイズ契約では、店舗の広さなどある程度の条件はありますが、店内のインテリアや出店地域、店舗形態についてなど、オーナーがどのような店を作っていきたいのかをヒアリングし、なるべくそれに沿うような店舗作りをするという特徴があります。

女性や若い世代層向けならシックでモダンな店内に、ファミリー層向けなら明るく通路の広い店内に、といった意向も組み込んでもらえるので、地域性を活かした店舗経営がしやすいとも言えます。

客単価が高いことも人気の秘密

フランチャイズで出店した場合、最初の投資費用をいかに早く回収できるか、という点も重要です。

千房に訪れる利用客一人当たりの客単価は、およそ1000円となっており、ファーストフード系飲食店としては比較的高いのが特徴です。
客単価が高いということは、それだけ初期費用の回収が早くできるということなので、事業効率がよいと言えるでしょう。

最初はまとまった費用が必要となりますが、回収が早ければ事業も軌道に乗りやすく、長続きしやすい店舗を作ることができます。

飲食店が初めてでも安心できる研修制度

千房では、フランチャイズ契約を結んだ場合の研修制度も充実しています。

本部の直営店で2ヶ月間におよぶ経営・技術・サービス・計数管理などの指導を受けることができるので、お好み焼きが初めてというだけでなく、飲食店の経営そのものが初めてという人でも安心できます。

もちろん、店舗オープン後も担当スーパーバイザーによるバックアップや、定期的な店舗巡回のサポートも受けられるため、オープン後も経営に関する相談をすることが可能です。

気になることがあれば、加盟前の相談でしっかりと話し合うようにしましょう。

千房のフランチャイズをおすすめする理由について